車両200台・東京神奈川・物流のご相談はまず当社へ 物流総合商社 株式会社アールワンロジ

TEL046-220-1503
受付:9:00~20:00 土日祝休

スタッフのご紹介

---いつもお世話になっております---

管理スタッフ

取締役 CFO 小川 岬

東名高速上りインターのすぐ横に”株式会社アールワンロジ”の看板が見えます。ここが我社の営業本部、そして配車センター、カーピットアールワン!

情深く熱き社長の下、多種多様個性豊かな人材が、皆さまのご要望を親身になって考えさせて頂き、R1(一番早いルート)にてその手配を致します。

平成13年4月、世の中は企業倒産が相次ぎ、新卒者の就職氷河期と言われていました。そんな中、私は社長を含め3人の男性従業員がいる軽貨物のこの会社に入社させて頂きました。当時創業3年目だった弊社は、社長自らも配達にでておりましたので、運送の仕事の経験がない私は、時には外注のドライバーさんに教育して頂いたこ ともありました。
今では女性社員も増え、男性社員に負けず頑張っている姿を見るのはとても嬉しいことです。色々な試験に合格したことを聞く度に頭が下がる思いです。男女関係なく頑張る人をキチンと見る会社。これは社長の方針でもあります。

軽貨物の会社から一般貨物の運営、整備工場も始まりました。
ここまでこれたのも、この会社を信頼してご依頼くださったお客様、又私たち社員と共に汗を流してくれた契約ドライバーさん達がいたからこそだと感謝しております。

これからも私たちアールワンロジは頑張ります。
今日より明日が少しでも良くなるように頑張ります。
皆様のご希望にこたえられるように、精一杯の努力を継続致します。併せて皆様方の大成功も真剣にお祈り申し上げます。

取締役 COO 大川 玲

一匹のネズミから生まれた夢

All our dreams can come true,
if we have the courage to pursue them.  
I only hope that we don’t lose sight of one thing that it was all started by a mouse.


「夢を求め続ける勇気さえあればすべての夢は必ず実現できる。いつだって忘れないでほしい。すべて一匹のねずみから始まったということを」

これは1928年にミッキーマウスを誕生させたウォルト・ディズニーが口にしたした名言です。

ディズニーに遅れること70年、1999年に小田原に一匹のネズミならぬ一台の軽貨物自動車で始めたちっぽけな会社が、皆様のおかげで少しずつ成長してきました。ウォルトディズニーといかないまでも、一社でも多くの企業の皆様のため、そして一人でも多くのドライバーの皆様の役に立てるように、そして物流業界の常識にこだわることなく、しかしながら物流業界の一助になれるよう、常に最新のチャレンジを最先端の感覚で皆様にお届けすることに、日々尽力させて頂きたく存じます。

監査役 前川 八彦

「不可能の反対語は可能ではない、挑戦だ」
と誰かが言ってましたが、
まさに、今物流業界が人手不足となっている中、200人を超えるスタッフ&ドライバーを維持しつつこの度、「カーピットアールワン」という新しい事業に打って出る社長のチャレンジスピリットを全員で支え、かつ次なる挑戦への第一歩となるべく邁進していきます。

しかし、全ては皆様に愛されてこそ、実現できることでございます。
アールワンロジを末永く、ご愛顧いただけますようお願い申し上げます。

取締役 営業部参与 白井 徹 

皆様方、初めまして、、、アールワンロジ参与の白井徹と申します。

日頃は、お客様と共に毎日を有意義に過ごさせて頂き、有難う御座います。

アールワンロジは私が参加した当時から比較すると、小さいながら大きく転換をしている会社です。
以前は、軽車両・1tバン車を中心とした物流会社でしたが、皆様のご要望や時代の流れと共に、何十台もの2t・3t・4t車を稼働する会社となってきました。

今後とも、後任の指導をしつつ、社員一丸となって皆様方より必要とされる物流会社となり、尚一層の発展に向かって全力を持って努力・頑張りますので、是非、御支援を御願い申し上げます。



営業スタッフ

営業部 営業一課 課長  高橋 隼人

私は野球が大好きです。
好きな言葉は「三度目の正直」何事も一回の失敗では諦めないのが信条
皆さんこんにちは。アールワンロジ営業部高橋です。
当社は、軽貨物から一般貨物まで幅広く取り扱っております。
軽貨物は委託ドライバーさんを中心に、一般貨物は自社車両・協力会社様などで配送を行います。 「配送品質の追求」をモットーに日々、従業員一同頑張っています。 当社に関するご質問、ご用命がありましたらお気軽にお電話下さい。

日々のお客様へのご挨拶、
新規営業などの営業活動を行っているなかで一番大切にしている事は、
「いかにお客様に満足して頂ける業務を行うか」です。
お客様に満足して頂くには
①営業担当・配車業務の迅速な対応。
②ドライバーの配送品質。
③配送料金・・・etc
など、いろいろあります。
お客様によって求めている事は多種多様ですが、その一つ一つに全力で対応したいと思っています。
「アールワンロジの高橋に任せておけば大丈夫」
「困った時は、アールワンロジの高橋に連絡しよう」
と、すべてのお客様に思って頂けるように日々の業務に全力投球しています。

営業部 センター配送課 課長  岡本 喜文

ドライブ・音楽鑑賞が好きです哀川翔と邦楽が好きです
最近では価格だけを見がちですが、価格以外でも大事なことは、たくさんあるとおもいます。ドライバーの管理や車輌のメンテナンスなどがどれだけできているかなど、それがお客様のリスクになることも運送会社選びの基準に入れて頂き、リスクの少ない形でお客様のお荷物をより安全に確実に輸送すること、これができる運送会社のうちの一社だと自負しております。

弊社のいいところは、安全・確実、そして対応の速さですのでぜひ弊社を
お客様のお役に立たせてください。
使っていただいて、損をさせるようなことはありませんので、
どうぞ安心して一度お気軽にお問い合わせください。

営業部 配送課 課長代行  今井 薫

初めまして、今井と申します。
アールワンロジの社員として仲間に入れていただき、この会社で私の出来ることで、会社の発展につながり仲間も喜んで働ける環境を作れればと常に考えて、与えられた職場で、センター業務を優先に勤務しています。

本来私は、配送をしながらの営業を主に働いて来ました。その中で今もお付き合いが続いている方もいます。配送の形も色々変化してきていますが、基本は、人の繋がりお客様の信頼に答えることなのではないかと思います。
趣味は体を動かすことで、歩くことです。たまには電車に乗ることもありますが、2駅くらいは散歩がてらに歩きます。
料理をするのも気分転換にいいので大好きです。ゴルフも少々致します。仲間同士でよせワン研究会を作り仲間の100切りをサポートしています。

色々お話ししましたが、私どもの会社にお仕事のご相談ご依頼いだだけるとしたことで、お客様と共に発展して参りたいと思っております。
宜しくお願い致します。

営業部 配送課 主任 佐々木 歩

「アールワンロジとの出会い」
季節の流れは早いもので、今年で入社二年目に入りました。この業界に入るまでは、精肉販売、、、いわゆる「お肉屋さん」で12年程働いていました。
一身上の都合で退職、何か自分に合う職業はないだろうかと、インターネットで仕事探し。ふと目に留まったのが、株式会社アールワンロジでした。
前職では、納品に来るドライバーさんとは仲が良く、この業界にはそこまで抵抗は無かったので、気が付いたらアールワンロジに履歴書を送っていました(笑)

柴田社長をはじめ、大川取締役、高橋課長など、会社のトップの方達のアットホームさ!!、そしてドライバー・営業・事務。なんの隔たりも無い、感じのいいオフィス。。皆で会社を盛り上げてます!(^^)!

その温かい社風のおかげで、新規営業、協力会社、ぐんぐん伸びてます!
顔を合わせれば他愛もない話で、一日の配送の疲れも何処かへいってしまいます(笑)
趣味の話題ですが、、、音楽が好きです。えーっと、演奏する側です(#^.^#)、時間があれば僕のコンサートに是非。
こんな歳になっても仕事、趣味を両立できるのも、アールワンロジの良さだと!?思います。

長文になりましたが、私はアールワンロジに入って毎日が面白いです(^_-)-☆
今、自分に出来ることを、、、頑張ります。

営業部 配送課 主任 永井 敬人

2017年11月より営業部に配属になりました。永井と申します。 長年の他業界での経営経験や海外生活等を活かし、残り少ない人生全てを、アールワンロジに捧げるべく、全力で努力致す所存でございます。 趣味はヘリコプターとパラグライダー、海外旅行、ボランティア活動等です。 積小為大で頑張ります。何卒宜しくお願い申し上げます。

営業部 配送課 主任  田中 和俊

配送課の田中です。主に夜間の店舗配送業務を担当しています。
気付けば20年以上この仕事をしていました。私もそろそろ50が見えてきたので、後進に道を譲りたく考えていますが、 まだまだ私を追い越せるドライバーはいないようです。
業務スピード、業務の正確さには自信があります。

よく大川さんに口の利き方が悪いと注意されますが、仕事に自信がある裏付けと思って許してください。 私を超えるドライバーがいたら素直に謝ります。

アールワンの若手ドライバーの皆さん、頑張って一日も早く私を追い抜いてください。 期待しています。 それでは今から配送に行ってきます。では。。。

営業部 配送課 主任 櫻井 達史

「楽な仕事はない!」

ドライバーって楽でいいよね~!と言われると頭にくる。ドライバーは出発したら1人になり、責任重大な仕事だと思っています。
大切な荷物を積んで、無事に納品する、当たり前の事ですが、その流れの中には、渋滞、事故、眠気、納品時間、荷崩れをしないか、などなど、常に緊張感を持って運転をしています。

自分はそんなドライバーの仕事にプライドを持っています。
トラックには会社の看板を背負っているので色々気を遣うけれど、、、、サボれません。(笑)

最近は、お腹のポッコリが気になりますが、、、、、
決して楽をしている訳ではないですよ!

もし仲間が増えるなら、大歓迎!!
バカも言い合えて、やる時はスイッチを切り替えて誰にも文句を言わせない仕事をする!、そんなチームを目指して、頑張っていきます!!

整備スタッフ

整備部整備課 係長  カーピットアールワン工場長 藤崎 直彦

みなさんこんにちは。
私はカーピットアールワン工場長の藤崎です。

整備をする上で常々心がけている事は”平常心”、もっというと”先入観・偏見を捨てる”という意識を持つ事です。それとは逆に慣れた作業程、失敗の可能性を含みます。
日頃の基本動作が積み重なり『フォーム(型)』となった状態が、その危険を減少させてくれると経験上感じています。

車両整備の方法は千差万別あり、そのどれもが正解であり、不正解なのかもしれません。機械と付き合う事はそんな不合理に正面から向き合う事かもしれません。

そんな毎日を過ごす中、お客様から深夜に緊急修理依頼の電話が入ると、お客様の困った顔が心に浮かび、布団から飛び出るのにためらう事はありません。車両の整備をする時もオーナーの顔、特に喜ぶ顔を思い浮かべて作業しています。
お客様の笑顔さえ思い起こせば、、、どんな大変な作業もやる気が起きます。私の支えとなっているといっても過言ではありません。

まだまだ人間修業中の私ですが、お客様と直に対話を重ねて”見える工場・信頼のおける工場”を目指していこうと考えております。

整備部整備課 主任 副工場長 古井 忠良 

整備部整備課、カーピットアールワンの副工場長の古井です。車の整備とともに三十余年過ごしてきました。

いつも心がけている私の信条は、日本上のどの整備士よりもお客様の立場になり、お客様の車両をお客様の立場で守り続けることです。
ほんの小さな整備ミスが原因で自動車に不具合が生じ大事故につながってしまうケースも多々あります。

一に誠実に、二に誠実に、三も四も常に誠実に車と向き合っていきたい。 これからもお客様の命と言える車両を精神誠意の気持ちで守っていきます。

整備部整備課 坂本 侑磨 

みなさんこんにちは坂本といいます。趣味は車いじりです。今は先輩方に毎日教わりながら日々精進しております。僕は年が若いので、若い世代の車は全部知ってます。 先輩の二人は年寄りですから若者用の車は全部僕に聞いてください。当社は全国のオークションともつながってますので、皆さんの代わりにどんな中古車でも探してきます。またレストアもできるのでお気軽に何でもご相談ください。

IT事業部スタッフ

IT事業部 ドライバーアイランド事務局 久光 大将

「スマホ」が世の中に浸透した今日では、それまでの携帯電話を「ガラケー」と呼ぶようになりました。「ガラケー」とはなんという言葉の略称か、皆さんもよくご存じだと思います。『ガラクタケータイ』・・・違いますね、『ガラパゴスケータイ』ですよね。では、なぜガラパゴスと呼ばれるのか…?ガラケーという言葉は日本国内メーカーによって製造され日本の携帯電話市場に出回る端末についた俗称です。日本の携帯電話は技術力の高さと各メーカー間の競争でユニークな機能を搭載した機種が次々と作られてきました。ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ…懐かしいですね。ところがどっこいこういった多機能の携帯電話は先進的過ぎて当時の世界基準から外れてしまい海外には進出できなかったのだそうです。この状態が他の島や大陸との接点がないために独自の生態系を作り上げた「ガラパゴス諸島」と似ているために、揶揄を含めてガラケーと呼ばれるようになりました。 この度、トラックドライバーの皆様の「癒し」をテーマにドライバーアイランドは誕生しました。あなたにはこの島の島民としてお仕事探しに加え様々なコンテンツでのんびりとお過ごしいただきたいと思います。島内で過ごす間に感じたご意見・ご要望はお気軽にお問い合わせください。時代時代の環境・状況に合わせ、独自の進化を遂げてきたガラパゴス諸島のように、ドライバーアイランドはあなたの貴重なご意見を参考にして常に最良のサイトとなりますように成長をし続けていきます。興味を持っていただけましたら、登録を済ませてドライバーアイランドの「島民」の仲間入りを果たしましょう!この島に居る者は島民も企業も我々STAFFも皆これからの物流業界を盛り上げていく仲間です!あなたの来訪を心よりお待ち申し上げております。

業務スタッフ

総合管理部 業務課 係長  石井あおい

「クロッキーを見つけるとラッキーな事がある」という子どもたちの間での噂話を耳にしたことはありますか?
"クロッキー"とは 黒いナンバープレートをつけた軽貨物営業車をそう呼ぶようです。
事務所で毎日クロッキーに会う私はどれだけ幸せなのでしょうか(笑)
子どもたちの考えることはとてもかわいいですね!

私たちが運んでいるのは 目の前の「物」だけではありません。たくさんの人の思いが 1つ1つの荷物に込められている、そんな気持ちを忘れずに意識し、小さな事でも大事に日々の配送業務に携わっていきたいと思います。

お預かりした商品も 子どもたちのラッキーまでも(笑)、大切に運んでいくアールワンロジ!どんなご依頼もご相談下さい!
お電話お待ちしております!(^ω^)

総合管理部 業務課 係長 統括運行管理者  坪井 恭子

こんにちはアールワンロジの坪井です。
アールワンロジに入社しあっという間に10年目になります。
(確実に年はとったのですが・・・まだまだ美しい私です・・)

私たち女性スタッフは配車業務・事務など主に電話で対応させていただいています。何年経っても新しい仕事やお客様との出会いがあるので、
毎日勉強させられる事ばかりです。さまざまなニーズに対応し、物流の仕事は私たちの生活にはなくてはならない仕事なのだと感じています。

私が仕事をしてきた中で大きな出来事はや東北の大震災。ガソリン不足、電話の不通、道路の通行止めなどで思うように、配送業務が出来ないという今までに経験したことの無い事態でした。

自分たちには何が出来るのかと考えることもありましたが、私たちの会社は、緊急なご依頼にも対応でき迅速に配送することを基本としています。トラブルや急を要す時こそ、私たちの出番なのです。お客様が困った時はアールワンロジと思って頂けるように、そしてさまざまなニーズにお応え出来るようスタッフ・ドライバー共に努力していきます。

皆様、是非お気軽にアールワンロジへお問い合わせ下さい♪

総合管理部 業務課 主任  小島智恵子

わたしは縁あってこの会社に入社し、情に厚い社長をはじめ個性的で温かいみなさんに支えられながら10年以上にになります袖すり合うも多生の縁といいますが、(振り合うともいいますね)人と人との出会いには小さな奇跡や驚きや喜びに満ち溢れているものですね(^ ^)
お客様との縁、ドライバーさんとの縁、スタッフ達との縁・・・
そしてドライバーさんが運ぶお荷物には様々な縁や想いが込められているのだと思います。

わたしたちアールワンロジが大切にするのは、人と人との繋がりです。支え合い、助け合う、そんな温かい気持ちを日々大切にしながら、人と人の輪を繋げるお手伝いをさせていただけたらと思っています。

お困りのお荷物はございませんか?わたしたちアールワンロジが、親身になって承りますので、お気軽にお問合せください。
お電話、お待ちしております。

総合管理部 業務課 カーピット担当 主任 関口 麻里

新しい体制へ向かう会社への思い。

いつも弊社をご利用いただきありがとうございます。安全・迅速・丁寧の配送の念は変わらず持ちつつ、弊社は新しい道に向かって走り出すことになりました。
整備工場の設立。それに伴っての整備部発足・・・
損害保険代理店業務開始。

不慣れながら、私はその末端の仕事のお手伝いをすることになりました。
配送業に関わってから6年になります。にもかかわらず、車のワイパー1つ取り替えた事の無い自分が (-_-;)
整備部の仕事のお手伝いが出来るのか・・・。
保険に無知の自分が保険代理店業務が出来るのか・・・。
不安だらけのスタートでした。

整備部兼務を言い渡されてから数ヵ月。今は新しい会社の、新しい体制の
小さくても大切な、歯車のひとつにになれたらいいなぁと思っています。
だいぶ前向きになってきました。(*^_^*)頑張るぞー(*^^)v

総合管理部 業務課  木村 まり

配送センターの事務を担当しています。木村です。

私は今まで事務の経験はありませんでした。しかし、様々な経験を積むことで、自分自身が「得意なこと」や「苦手なこと」、そして「興味のあること」など色々な角度から自分を知ることができました。

私の自慢は「明るい」ところだと思っているので、社内外で円滑なコミュニケーションをとることに役立たせたいと思っています。この生まれもった「明るさ」でどんどん挑戦し、今以上の仕事ができればと思っております。




↑ PAGE TOP